第14回小学館ライトノベル大賞
最終結果発表!!

応募総数993の中から厳正な審査の結果、今回は5作品の受賞が決定!! (ゲスト審査員:若木民喜))

6月18日ごろ全作品刊行予定!

ガガガ賞(賞金100万円&デビュー確約)

『デッドリーヘブンリーデッド』  余命零
世界を繋ぐ時計を境に別れる「天獄」と「地国」。「地国」に落ちてきた少女とそこに住まう死者が奏でるある旅の物語。

審査員特別賞(賞金50万円&デビュー確約)

『令和生まれの魔導書架~全天時間消失トリック~』 小木 真久人
探偵は謎を追い、魔女は神秘を求める。すべての事件を迷宮入りさせる「迷宮落とし」の魔女は僕に言った――「さあ、ミステリーを始めようか」

優秀賞(賞金50万円&デビュー確約)

『サンタクロースを殺した。初恋が終わった。』 犬君 雀
「出来ますよ、クリスマスをなくすこと」共通の目的を果たすため、僕と少女の奇妙な関係がはじまる――。

優秀賞(賞金50万円&デビュー確約)

『フェイクタウン・ブルース』 悠木りん
“偽物”だらけのこの世界で、あなたとの絆だけが“本物”だと思っていたのに。熱がわたしの身体と心を焦がす――。

優秀賞(賞金50万円&デビュー確約)

『ラブコメを絶対させてくれないラブコメ』 初鹿野 創
現実に「ヒロイン」も「イベント」も無いなら、自らの手で作り出せ!青春ラブコメに憧れた、こじらせオタクの奮闘劇!!!


※「大賞」は該当作品なし
(敬称略)

ページのトップへ